PROFILE

菅野 一剛

1978年生まれ。

明治大学を卒業後、ギャラリーや広告代理店、アパレルデザイン会社に勤務。数多くのブランドの服やテキスタイルデザインに携わり、ニューヨークのトレードショー、フランスのプルミエールヴィジョンなどで発表、ニューヨークのギャラリーやキュレーターに作品購入される。

現在、「紙を縫い、紙を切る」、この2つのシンプルなテクニックのみで作品を製作している。材料はシンプルで、紙と糸のみである。紙を縫い切ることで生まれる、抽象化されたダイナミズムか作品の根底にある。それは彼のメンタリティーと、純粋無垢への原点回帰を表現している。


Kazuyoshi Kanno
Born in 1978, Japan. He lives and works in Japan.

After graduating from Meiji University, he worked at the modern art gallery, advertise agency and fashion design office. As a fashion designer, created many design of clothes and textiles for Tokyo famous brands. Textile design was introduced at NY Trade Show and Premiere Vision in France, were bought by some gallery in NYC, and museum curator.

Now, the techniques creating his works is just “sewing” and “cutting”. The material is so simple, just paper and thread. It is the theme of his works that produce the abstract dynamism by sawing and cutting paper. These expresses his mentality and the desire “Return to innocence”.